背中ニキビが出来る理由と対策

背中ニキビ,原因,乾燥 
背中ニキビが出来る季節は汗をかきやすい夏だと思われがちですが、実は秋や冬のほうができやすいってご存知でしたか?

 

ここでは秋や冬に背中ニキビができやすい理由とその効果的な対策方法について説明していきます。

 

背中ニキビが秋や冬にできやすい理由

背中ニキビ,原因,乾燥 
なぜ背中ニキビが秋や冬に出来てしまうのか?その一番の理由は乾燥にあります。

 

秋や冬になると空気が乾燥しますが、背中は身体の他の部分に比べて乾燥による肌のトラブルが生じやすい部分です。

 

なぜなら背中は身体の顔や腕など他の部分と比較して皮脂腺が少ないからです。

 

皮脂腺は皮脂を分泌することにより肌のバリアとなって、水分が肌から蒸発するのを防ぎます。

 

しかしながら背中には皮脂を分泌する皮脂腺が少ないので水分が蒸発しやすくなって、身体の他の部分と比較してより肌が乾燥しやすくなってしまうわけです。

 

なぜ乾燥すると背中にニキビが出来るのか

背中ニキビ,原因,乾燥 
ニキビができる一番の原因は皮脂が過剰に分泌することで、毛穴に皮脂が詰まってしまうことで、そこから菌が繁殖して肌に炎症などのトラブルを起こすことが原因です。

 

背中の場合も乾燥すると、肌の水分が蒸発してしまうのを防ぐために皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

 

その結果皮脂が毛穴に詰まってしまって炎症を起こし背中ニキビの原因となってしまいます。

 

乾燥による背中ニキビに有効な対策

 

乾燥による背中ニキビを予防するためには何と言ってもまずは背中の皮膚をしっかり保湿することが大切です。

 

そのために有効な対策として、ニキビ専用の保湿クリームがあります。

 

保湿クリームを入浴後の清潔な肌に塗るだけで背中の乾燥を防ぎ効果的に背中ニキビを防ぐことができます。

 

なお保湿クリームには背中の厚い皮膚にも浸透力の高いヒアルロン酸を配合している物を選ぶと良いでしょう。

 

特に背中ニキビ専用ジェルとして、背中に浸透しやすいように3種類のヒアルロン酸と浸透をサポートする成分であるセラミドをミックスして配合しているジッテプラスは背中ニキビ対策としてオススメです。
背中ニキビ,原因,乾燥 

 

>>ジッテプラスの詳細はこちら

 

出来てしまった背中ニキビの対処法

背中ニキビ,原因,乾燥 
乾燥による背中ニキビの対策をしっかり行っていたとしても、背中は直接見ることができない場所なので、例えば入浴時の洗い残しやすすぎが不足して汚れや洗剤が残ってしまうことで背中ニキビが出来てしまうこともあります。

 

背中ニキビを治すためには背中を清潔にすることが大切です。

 

そのためには普段から汗などかいた時にそのままにしておかないように、汗を吸収しやすいインナーなどを切るようにしたり、汗をかいたらすぐに拭き取る、夜だけでなく朝にもシャワーを浴びるなど対策がオススメです。